読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

粕谷昌良の社会科授業日記

筑波大学附属小学校の粕谷昌良が社会科実践を報告します。

44.「後藤新平が曲げてでも貫いたもの」その③ 後藤と小池知事

震災復興を進めた後藤新平は、小池百合子都知事の所信表明でも語られていることを子供に示します。

これを読むと、子供たちは後藤したことと、播磨坂がぼんやりですがつながってきます。授業が進みにつれて、意味がかわかってくると思います。

 

そして、次に

「後藤が復興に挑んだ関東大震災はどうだったのだろう」と発問し、映像とスライドを見せます。

f:id:syakaikajugyou:20170126224456j:plain

f:id:syakaikajugyou:20170126224516j:plain

f:id:syakaikajugyou:20170126224534j:plain

f:id:syakaikajugyou:20170126224550j:plain

f:id:syakaikajugyou:20170126224600j:plain

映像では、火災は広がっていく様子を見せます。

当時の東京の道路は狭く未舗装で非難しづらく、避難した公園も狭くて、火に取り囲まれて、多くの犠牲者が出たことを伝えます。

火災は42時間以上続いたとされ、

東京市全体の42%あまりを焼き、特に浅草や日本橋、神田の焼失率は9割を超えていきます。

死者行方不明者は

東日本大震災で、18455人、関東大震災ではなんと105383人で桁が違うのです。

子供たちは、圧倒的な被害に驚きます。

写真と数字でも十分にインパクトがあるのですが、

関東大震災当時7歳だった90歳を超えるおばあさんのインタビューには、子供ぜんいんがシーンとなってしまいました。やはり、人の証言は伝わるものが大きいようです。

次回へ

43.「後藤新平が曲げてでも貫いたもの」 その② 子供たちと「後藤新平」との出会い

播磨坂の印象を子供に聞くと

・広い

・川が流れていて(人口のものがあります)公園みたい。

・桜が植えていある。調べたら桜の名所みたいだ。

などと述べます。それを地図で見ると、明らかに広く太いことが分かります。

f:id:syakaikajugyou:20170125173836j:plain

そこで、播磨坂は「復興道路」であることを伝えます。

子供たちは、国語辞典で「復興」の意味を調べます。わからない言葉を辞書で調べるよう、授業で積み重ねているので、進んで引ける子供が多いのです。

復興は「いったん衰えたものが、再び元の盛んな状況に返ること」という意味です。

復興は復旧と区別されて使われることが多いようです。復興は復旧に比べて「よりよく」という意味があると思いますが、ここではそこまでは押さえません。学習が進んでいくと区別する場面が出てくるからです。無理をして教えるより、子供たちが学習過程で気付いた方が価値があると思います。

さて、そこで「播磨坂は、いつ復興されてのか?」を考えます。

子供たちは、

・太平洋戦争

関東大震災

と2つを挙げます。東京を襲った災害(自然災害・戦災)といえばこの2つでしょう。

播磨坂ができたのは、太平洋戦争後です。

しかし、計画されたのは、もっと後の関東大震災後です。新平の復興計画に由来しているのです。

そこで、子供に予想が当たっていることを伝えながら播磨坂を計画したのは、

後藤新平であることを伝えます。子供たちと後藤新平の出会いです。(続く)

f:id:syakaikajugyou:20170125173900j:plain

42.「後藤新平が曲げてでも貫いたもの」 その① 関東大震災の衝撃

f:id:syakaikajugyou:20170124110809j:plain

4年生の「地域の発展を尽くした先人」の学習です。

後藤新平を取り上げます。

後藤新平は、関東大震災後に東京の「復興」を成し遂げた人物として、東日本大震災後に注目を浴び教材としても広く取り扱われるようになりました。100年先を見据えた復興計画は、小池都知事の所信表明でも引用されました。

現在でも新平の復興計画や事業の跡は多く残っているので、教材として適切だと思います。一方で「地域の発展に尽くした先人」の授業では、どうしてもその人物が偉人として扱われる傾向にあります。どんな人でも、評価は様々であり、苦労も葛藤もあるものですから、今回は後藤新平をしっかり人として見つめていきたいと思います。そうすることで、逆説的に、子供たちは先人への共感を生み、社会の発展に尽くす意味を理解することだ出来ると思います。

 

さて第1回目は、地域にある播磨坂から入ります。

播磨坂附属小のそばにある坂で、現在では都内有数の高級住宅地(商業地)として人気があります。それもそのはず、坂といっても数十メートルに及ぶ広さで、中央分離帯には桜が植えられ、花見の名所としても知られています。

しかし、播磨坂はわずか数百メートルでプツリと切れています。実は、戦災復興道路として作られ、計画はもっと以前の関東大震災後に立てられました。震災復興の方針は後藤新平が立て、その中の80m道路の一部なのです。新平の復興計画は予算の巨大さなどから反対にあい、その多くを断念せざる負えませんでしたが、その後に実現した珍しい例なのです。

結果として、現在の播磨坂は防災上の要点になっていますし、その景観は人々の憩いの場所になっています。新平は道幅が広いことで、地価が上がることも予想していたようですが、まさにそうなったのです。

子供たちと文京区にある坂を8つ歩き、その中に播磨坂を入れ、太さ・広さを実感させました。その実感から授業は入ります。(続く)

 

 

41.附属高校の授業を見て感じたこと。

1月14日(土)に筑波大学付属中学校と高校の間にある桐蔭会館で「筑波大学附属小・中・高・大連携社会科研究会」が開かれました。小・中・高の社会科授業が1度に見ることができる画期的な会でした。中高の授業を見ていて、子供たちの意見を聞いていると、このように子供たちが成長していくのかと、小学校の授業の先にあるものが見えてきました。

 普段は小学校の授業しか見ていないので、小学校の授業がスタンダードだと考えているので、高校の授業が実に印象的でした。私が高校生の頃は講義のような授業で、先生が私たちに知識を授けてくださるような方法でしたが、今回の授業は、先生の提案する考え(仮説)に対して子供たちが批判するなど、自由に意見を述べていたことです。一人一人がよく考えていました。逆に私の授業をみた高校の先生から、「いつまで、挙手、指名のルールで行っていくんですか?」という質問を受けました。私のクラスは、相互指名も取り入れていますが、発言を譲り合えるというところまでは言っていません。どうしても意見を言いたいという気持ちが前に出るのです。私は、小学生は「言いたい」という気持ちでいる方が大切だと思います。その先に、友達の意見を聞きたい。違う立場で述べてみようと、周囲を見渡した発言ができるのだと思います。

 私は筑波に赴任する前、筑波の授業を参観すると子供が意見たくさん述べ、その内容に「子供たちがよく考えているな」と思っていました。正直「能力の高い子供だから」と思うときもありました。

 しかし、結局のところ、どのように育ってほしいかを考え授業をし、その積み重ねの姿が現れているのだと思います。附属小の先生方は、授業で事実を教えるだけでなく、子供一人一人がどう考えるのかを大切にしていると思います。「どっち?」と立場を決めさせることもそうですし、「どう思う?」と知識がなくても発言できる発問もそうでしょう。そういう積み重ねが、高校になるとああなるのかと思いました。「高校までつながっているな」と実感し

f:id:syakaikajugyou:20170124104312j:plain

た一日でした。

 

40. 2月の筑波の公開研究会は「2つの単元」を行う予定です。

私は社会的なものの「見方・考え方」を発揮した授業は、「見えないものが見えるものにする」授業のことだと考える。日ごろ見慣れた事象でも、授業を通してその裏には様々な工夫や願いが込められていることが分ってくる。私は社会的なものの「見方・考え方」を発揮した授業は、「見えないものが見えるものにする」授業のことだと考える。日ごろ見慣れた事象でも、授業を通してその裏には様々な工夫や願いが込められていることが分ってくる。

2月9日(木)10日(金)の2日間、筑波大学附属小学校で学習公開・初等教育研究会が開かれます。毎年数千人の参観者の方がお見えになり、大変盛り上がります。

私も、赴任した昨年は訳も分からず、とにかく無我夢中で授業づくりに取り組みました。今年もよい授業をするために、努力を惜しまず取り組もうと思います。

授業づくりの努力とは何でしょうか?単元の構成を考えたり、子供たちの授業スキルを高めたり、教材開発をしたりと、たくさんあると思います。

しかし、私の中で、最初の一歩は「教材研究」です。

社会事象を子供たちとともに学んでいくのに、その社会事象を取材して、研究して、子供たちにとって有意義な学習になるようにするのが教材研究です。

有意義というのも難しいです。盛り上がればいい。事実をじっくり見つめてほしい。自分の意見を持ってほしいなど、いろいろありますが、私は子供たちが「将来、社会に出たときに役に立つ」ということです。大人になって社会に関わるとき、そのアプローチはいろいろでしょう。だから、様々な事象とその裏にある人の生き方を一緒に考えていきたいと思います。

社会の事象の裏には、必ずそれを創ったり、起こしたりした人の願いや思いがあります。社会は無機的ではないのです。事象の裏にある人の願いや思いに気づいたときに、子供たちはその事象を見つめる目が変わると思います。人形焼の裏にある藤井さん、東京ばな奈の裏にある武田さん。水道水の裏にいる水源林ボランティアの皆さん。

それを知ると、世の中捨てたもんじゃないなと思います。むしろ、その仕事や活動の素晴らしさに感銘を覚えます。身近な大人ていいところもあるな。ああなりたいとか。

そういうことの積み重ねが、子供たちが将来社会に出て、希望をもって働いたり、活動したりする原動力やきっかけになると考えています。

そういうことを学んだ子供たちは、単純につまらないからとかうまくいかないからという理由で挫折しないと思います。社会の授業で出会った人は、苦労や失敗を乗り越えて、それでも、一貫して自分の正しいと思った道を貫いてきたのですから。今回の授業もそういう思いで作ります。

1日目は「後藤新平」です。

新平については、2011年の東日本大震災以降注目が集まり、昨年は小池知事が所信表明でも引用するなど、復興という未来を見据えた考えの持ち主として紹介されています。私は性格上、どうしても人の解釈については疑問に思うたちです。自分で調べて、自分なりに新平とはこういう人間だとつかまえなければ、納得できないのです。とにかく調べるために、新平の本を12冊買って読みました。なんとなく新平のものの考え方が分かってきた気がしました。しかし、子どもたちと学習するのには、私の解釈や教材配列では独りよがりになるので、専門家に意見を聞きに行きます。

岩手県水沢が新平の故郷です。そこの後藤新平記念館があります。そこに行きました。寒い雨の日でした。学芸員の中村淑子さんはとても丁寧で、専門家としての知識を発揮して私の取材に付き合っていただきました。そこで、自分の新平への解釈に無理はないと感じ、授業を構成することにいしました。

構成には千葉大学教授の戸田善行先生に相談し、筑波大学附属小学校のそばにある播磨坂からスタートし、最後にその在り方に戻る構成にしました。

いつも私の授業づくりには多くの専門家、見識のある方の善意あふれる協力があります。この場を借りてお礼いたします。

子供たちと、新平の学習を進めるのが楽しみです。

2日目は…内緒です。

しかし、新平が歴史的なものの見方なので、その続きではなく、地理的なものの見方を考えていきたいと思い授業を作っています。4年生の名で特徴ある地域のくらしです。

こちらも、現地での取材を重ね、子供たちと学習するのが楽しみです。

 

社会授業はどうしても作るのに時間がかかります。自分たちで社会の事象の裏にあるこの調べ上げ、そして、調べた一つの物語があったとすれば、立場が分かればもう一つも物語があり、それを調べて、どうしたらいいのか判断していく。どうしても時間がかかります。ストーリーとアナザーストーリーの授業をこれからも行っていきたいです。

2月の研究会も気合を入れて頑張ります。

ただ、昨年は取材に明け暮れすぎて、体調を崩し、授業後入院を余儀なくされたけど、

今年は体調にも気をつかいます。

39.社会的なものの見方・考え方を育てる授業への挑戦(最終回)  東京らしさとは?

長く連載してきました「東京土産は何にする?」の実践も今回が最終回です。

東京みやげには何がふさわしいのか、

①東京駅で買ってくる。

②お土産のこころえを作る。

③人形焼がふさわしいのではと考え、見学するなど調べる。

④しかし、売り上げは東京ばな奈が一番。納得がいかないので調べる。

東京ばな奈には生産の安全性や技術的な工夫が素晴らいいことが分かる。

⑥東京には、青森のりんご、山梨のブドウ、のような特産物がないので

 あえて、どの県も想像できないバナナを使っていることを知る。

⑦東京の歴史と風土を詰め込んだ人形焼と、最新技術で都会をイメージさせる東京ばな奈はどちらがいいのか話し合う。

⑧決着がつかないので、全国の有名土産を調べる。

⑨すると、ほとんどのお土産に、由来や風土、歴史がある。

⑩東京では、どうして由来や風土がないお土産が売れるのか。

 

という流れでした。

さて、最終回は東京ばな奈」から「東京」を取ったらどうなる?

という私の発問から始まりました。

児童は「ただのバナナになるな」

「そうなったらもうお土産とは言えない」

「じゃあ、東京という言葉が大切だということ」と、

東京という言葉そのもののイメージに気づいていきます「東京」という言葉は、いわゆるブランドに近いのではないでしょか。

「同じようなことに東京ディズニーランドもあるね。本当は千葉なのに」

「東京っていうイメージがいいんじゃない」

『東京のイメージはどうなの?』とさらに発問します。

「大都会」「首都」「最新のものが多い」「すごいと思われているんじゃないか」

「ほかの県だと由来や歴史がないとお土産にならないけど、東京というイメージがいいから歴史がなくても売れるんじゃないかな」

「じゃあ、人形焼よりも新しい東京ばな奈が売れる理由もわかるね」「もっと、最新のお土産も出てくるかもね」

と議論が進んでいきます。

東京らしさに気づいていきます。

この様にお土産物を通して東京がどういう場所なのかを考えることができました。

お土産物には土地の風土が含まれています。東京ばな奈には由来がないのですが、それは逆に大都会で最先端の場所である東京らしさを表していることに気づくことができました。

このように、東京を概観したり、地域の特色を考えるために、お土産は有効な教材になると思いますとくに、良いと感じるのは、地域の特色を教えるにあたって、直接その特色に行くのではなく、社会的なものの見方・考え方を働かせて、お土産を見つめていくことで、地域の特色にたどり着けることです。

「何を知っているか」から「何ができるか」が次期指導要領では求められます。その時に、このように児童が自分で考え、調べ、気づいて、本質に迫っていく授業を生み出していけるよう、これからも努力していきます。(終わり)

 

児童の感想

東京ばな奈は、たぶん東京ってついているから売れているんだと思う。日本の首都だし。47都道府県の中では東京のイメージが一番すごい?東京ばな奈は登場という人所とで助けられているんだと思う。人形焼にも東京をつければ…?そうすれば売れると思う。
東京ばな奈から、東京を取ったらばな奈になる。東京ばな奈は「東京」とついているから売れている。でも、バナナは東京の名産でもないし、日本の名産でもないと改めて考えさせられた。
東京ディズニーランドも嘘だ。嘘をついてまで売り上げを伸ばすというところがすごい。東京ばな奈は「東京」がついていないと売れないことが分かった。大都会だから売れる。だから、他の県のお土産には産物や名物が必要だということも分かった。
・東京は大都会というイメージがあるから東京都付ければ他の県の人でも「すげー。東京だって。やべー。」と思うと思う。東京とついていれば大体のものは売れる。東京以外身も「京都・鎌倉・横浜」などだったら東京と同じような効果があるかな。
・僕は東京を取ったらただのバナナになってしまうから駄目だと思う。東京は大都会のイメージがあると思うから、そこの代表にように思い買っているんだと思う。23区の東京のイメージが大切だった。
東京ばな奈は東京を取ってしまってもひよ子のように売れていると思うけど、東京みやげとしては成り立たないと思う。東京ばな奈の東京は23区だけのイメージで青ヶ島や珠のイメージは全くない。東京ばな奈の東京という文字が重要だ。
・東京は意外とイメージがいいんだ。千葉ディズニーランドよりも東京(23区だけど)ディズニーランドだとイメージが強い。だから、東京ばな奈なんだ。産物なくてもイメージがあってよかった。
・私は東京ばな奈はあたり前ともいえるように確実に東京土産だと思っていた。何がどうなっても東京土産だと思った。でも由来がない東京ばな奈の東京を取ると何にもない、すかすかの土地と思われるくらいの大きなことになってしまうことが分かった。
東京ばな奈が売れている理由は「東京」と名前がついているからだと思った。だって、東京ディズニーランドは本当は千葉になるのに「東京」とついている。千葉ディズニーランドだとつまらなそうだ。東京は大都会だから印象・イメージが強い。でも、「東京」と名前についているけど、私は23区のイメージしかないと思う

f:id:syakaikajugyou:20170116101649j:plain

f:id:syakaikajugyou:20170116101520j:plain

 

38.社会的なものの見方・考え方を育てる授業への挑戦   全国のお土産はどうなっているのか?

東京みやげとして何がふさわしいのか考えてきました。

最初、クラスでは「人形焼がふさわしいのでは?」と考えていました。

見学に行くと

①100年以上変わらない製法

日本橋七福神をモチーフにしている。

③太平洋戦争の金属回収を乗り越えて、金型を守ったエピソード

④対面販売にこだわり、作っている藤井さんも店員の皆さんも笑顔を大切にしている。

ことがわかり、東京土産としてふさわしいと分かりました。

しかし、現在1番売れているといわれているのは「東京ばな奈」です。

人形焼とは大きく違う最新技術を駆使したお菓子です。

児童は最初はふさわしくないと考えていましたが、調べていくと

①無菌、人の手よりも優しいロボットなど、フルオートメーション

②特産物のない東京だからこそ、あえて全国にほかに有名産地のないバナナを用いることで、どこの道府県のもない、東京らしさを表している。

③新しい東京土産になるように、最新の技術を使っている。

④「東京」の入れたネーミングのすばらしさ。

などを知ると、こちらこそがよいと考える児童も現れます。

伝統と由来のある人形焼か。

最新技術の東京ばな奈か?

迷うところです。話し合いも2時間に及びました。

そこで、全国の有名土産はどうなっているのか調べてみることにしました。

児童はご家庭の協力もあり、47都道府県の有名土産を調べていきます。

すると、ほとんどのお土産は、

人形焼のように伝統や地域の由来を含んでいたのです。

浜松のうなぎパイ

仙台の萩の月

大阪の岩おこし。

その他、特産物を使ったお土産は数知れず。歴史上の偉人に由来するものもかなりあります。調べてみると面白いものです。

お土産には、地理的・歴史的・人とにつながりがふんだんに含まれているので、

お土産をじっくり見つめてみると、その土地の様子がつかめるのです。

しかも、ここで得た地理的・歴史的・人とのつながり(公民的)見方を発揮して、今後はお土産の選び方などに、変化が期待できるのです。

さて、全国の有名土産はその多くが、人形焼のように地域の由来や歴史・風土を含んでいるのに、どうして東京は「東京ばな奈」のように、由来のないものが1番売れるのでしょうか。そこには、逆に東京らしさ、東京の風土があるのです。次回は最終回。東京となどういうところかに迫っていきます。

 

f:id:syakaikajugyou:20170102101346j:plain