粕谷昌良の社会科授業日記

筑波大学附属小学校の粕谷昌良が社会科実践を報告します。

143.しゃかつく研 11月定例会 その③ 最終回

11月定例会の報告の続きを・・・。 2人目の実践提案は、柳圭一先生です。 今年、柳先生は千葉県長期研修生として1年間 筑波大学の唐木先生のところで勉強をしています。 さて、柳先生は 「これからの食料生産」を身近に感じさせる単元構成 ~販売店の取…

142.しゃかつく研 11月定例会 その②

11月定例会の続きを。 中谷先生の2つ目の提案。 4年生「ごみの処理と利用」~私たちの出したごみの先にある物語~ ごみの授業は昨年度私は夏場にコンを詰めてやりました。 クラス全員でバスを借りて最終処分場にいったなあ。 東京湾の真ん中。東京ゲート…

141.しゃかつく研 11月定例会

昨日11月11日(土)はしゃかつく研(小学校社会科授業づくり研究会)の定例会がありました。 今回の実践提案は、千葉県長期研修生の 柳圭一先生と中谷佳子先生でした。 柳先生は筑波大学の唐木先生に、中谷先生は千葉大学の竹内先生の元で1年間研修をし…

140.自動車の授業の続き

前回の続きで。 というように、自動車業界は岐路に立っている今日、 子供たちにどのように自動車工業を学ばせていくのか、 以前ほど簡単ではないともいます。 将来に変革に耐えうる学習内容を提供するとともに、 授業の構成を工夫をしていくことが望ましいと…

139.前回のつづき 自動車

前回の書き残しを。 5年生の単元に自動車工業があります。 長く日本の工業を支えてきた、自動車工業を学ぶ単元です。 ライン、カンバン、ひもスイッチ、ジャストインタイム、大型船に取る輸送、現地生産など、記憶に残る言葉が多いと思います。 長い間内容に…

138.今日の授業

今日は、6年生で江戸時代の授業、5年生で自動車の授業をしました。 6年生の授業では、 ①将軍②大名③百姓④町人に分かれて、不満を発表していきました。 とても、明るい子供たちで、その役になりきっていました。 わたしは、この授業の最後には、 「江戸時代…

137.最近買ったトートバック

今日もくだらないことを。 持ち物へのこだわりは誰にでもあると思います。 私の場合は、ノートはずっとROLLBAHN。 経線があって、表紙が固くて屋外の取材でもとても使いやすいからとても気に入っています。 それくらいかな。後は、昔バスケをしてい…

136.今日はゆっくりと。たまっていた新聞切り抜きから、雑談。

合宿を終え、今日は天気も良くなかったので、 読書とコーヒーと留守録されていたテレビをみて、ローラーをやってとのんびり過ごしていました。 読書の内容は次の授業に関わってしまうので書けないし、 ブログもなるべく続けたいのですが、授業開発のことは書…

135.合宿4日目 最終日

4日間の合宿が終わりました。 大きなけがや病気もなく、40人そろって終えることができ ほっとしています。 引率はいつでも気を遣います。事故があったら、楽しい思い出が一瞬にして台無しになってしまいます。ですから、今はとても安心しています。 3日…

134.合宿3日目 グループ活動

合宿3日目は、グループ活動でした。 6から7人の班で、計画を立てて見学先を決めました。 高原らしい施設が多いので、子供たちも楽しみにしていました。 今日は、晴天で、気温も高く、絶好のグループ活動日和でした。 私の引率したグループは、計画段階で…

133.合宿2日目 全員で登山成功

合宿で学ぶ大きな内容の一つに、八ヶ岳での登山があります。 全員で2000m以上の山に登ります。 昨日の雨が高地では雪だったようで、 2000m付近からところどころに雪が残っていました。 天気は晴天でしたので、どんどん解けていく様子でした。 子供…

132.合宿1日目と子供たち

現在、私のくらしは3泊4日の合宿に来ています。 登山や野外炊飯、キャンプファイヤー、自由行動などたくさんの学習内容があります。 行きのバスは、恒例(?)のカラオケ大会です。一人1曲持ち寄って全員が歌います。 得意な子も苦手な子も入れでしょうが…

131.日記の続き  追究の鬼?

引き続き「日記帳」の記事の紹介をします。 授業で和菓子をを調べていたので、この児童は自分が和菓子の名店としてふさわしいと思ったお店に取材に行ったようです。 その取材が素晴らしい。インタビューの項目など、私の取材と変わらないと思いました。 花よ…

130.水産業の未来  価値意思の会の後に子供が書いてきた日記

127回でも書きましたが、子供ったいは、「日記帳」に自主的に考えたり、調べたりしたことを書いていいことになっています。 今回紹介するのは、21日の価値意思の会の後、クラスの児童の一人が書いてきた日記です。 10年後の漁業はどうなっていくの 「10年後…

129.11月11日は「しゃかつく研」の定例会

由井薗先生と二人で始めた「小学校社会科授業づくり研究会」の定例会が11月11日にあります。隔月程度で行われいます。(もう少し少ないかな) 定例会では、会員の先生方の提案、私や由井薗先生の教材開発ストーリー、それから指導案検討などを行ってきました…

128.第27回価値意思の会、ありがとうございました。

第27回価値意思の会が21日土曜日に行われました。 参観していただいた皆様ありがとうございました。 私は、水産業をきっかけに食料生産を考える授業を行いました。 日本の食料自給率は平成28年度で、カロリーベースで38%、生産額ベースで68%(農…

127.子供の日記帳から実感する、主権者教育の在り方

有田和正先生の著書を読んでいると、よく子どもの書いた日記が出てきます。 それは「はてな帳」と呼ばれていて、自由に調べたことや授業で気になったことを書いてきます。有田先生はよく書けているものをほめたり、授業の教材の一つとして使っていたようです…

126.21日土曜日は、「第27回 価値判断力・意思決定力を育成する社会科授業研究会」

今週の土曜日(21日)は「第27回 価値判断力・意思決定力を育成する社会科授業研究会」(価値意思の会)です。会場は筑波大学附属小学校で行われます。 価値意思の会は、梅澤先生とお茶大附属小の岡田先生が始められた研究会で、私も千葉県の公立学校の教員…

125.北海道、取材中 やっぱり寒いな

前期と後期の間の期間休業を生かして年休を取り、お得意の取材をしています。 今回は北海道です。 今は、雪になるかもという天気予報を聞きながら書いています。 北海道の中でも札幌から遠く離れたオホーツク海が見える網走なのでとても寒いです。 ダウンを…

124.教材を見つける  新聞切り抜きから

新聞を切り抜く ジャーナリストの池上彰氏は十社ほどの新聞を定期購読しているそうです。インターネットで情報が提供されている今日。紙媒体の新聞にこだわるのは時代錯誤のようにも感じます。 しかし、池上氏は「一貫性」と「正確性」から現在でも紙媒体の…

123.「追究」を生む授業に必要な「教材」の見つけ方 その①エピローグ 

「子供たちと一緒に少しでも楽しい授業をしたい」を思うのは教壇に立つ者ならば誰でも思うことです。楽しい授業とは人それぞれ違うと思いますが、私は「追究していく楽しさ」があることだと思います。 子供たちが進んで「調べたい」「もっと知りたい」「話し…

122.「畠山さんと森は海の恋人」そして「あの震災」 その⑧ 人の心に木を植える (いったん最終回)

私が畠山重篤さんと「森は海の恋人」を知った瞬間のことは明確には覚えていません。 教科書や資料集などで、絶えず目にしてきましたから、知らず知らずの間に私の認識の中に溶け込んでいたのでしょう。 「森にはためく大漁旗」という光景と漁師が山に木を植…

121.「畠山さんと森は海の恋人」そして「あの震災」 その⑦  2011年もはためいた大漁旗

前回は、畠山さんが 2011年の23回目の「森は海の恋人」植樹祭は 「とても開けない」 と決断したところまでお話ししました。 しかし、2011年6月5日。ひこばえの森には大量がはためいたのでした。 そして、いつも以上の熱気がそこにはありました。 重篤さんや…

120.「畠山さんと森は海の恋人」そして「あの震災」 その⑥ 2011年6月。26回目の植樹祭は?

震災から3か月後の2011年6月に23回目の植樹祭が開かれる予定でした。 しかし、東日本大震災のために開催は難しい状況でした。 畠山さんの養殖場も大きな被害がありました。 ・養殖施設がすべて流された。・出荷目前の牡蠣100万個が流された。・船もすべて…

119.「畠山さんと森は海の恋人」そして「あの震災」 その⑤ 2011年6月。26回目の植樹祭は?

「森は海の恋人」植樹祭は、毎年6月の第1日曜日に開かれています。 私も、この2年間は参加させていただいています。 宮城県と岩手県の県境にある室根山のひこばえの森に、1500人もの人が集まり、賑わいを見せています。 事前の申し込みが不要で、誰でも気軽…

118.「畠山さんと森は海の恋人」そして「あの震災」 その④ 東日本大震災

「森は海の恋人」植樹祭が軌道に乗り、赤潮も解消されていきました。 畠山さんの生産する牡蠣は味がよいと評判になり、舞根にも活気が戻って来たそうです。 このころ、筑波大学附属小学校の田中力先生が畠山さんの取り組みに注目したそうです。 3年前私が畠…

117.どうでもいい話 「飲まない理由はない」に励まされて。

私が千葉県の長期研修生として1年間千葉大学で勉強していた時、 先輩の先生にすごくお酒の強い方がいらっしゃいました。(一人ではない) 毎日飲むというので「毎日ですか?すごいですね」と問うと 「飲まない理由がないですから」と答えてくださいました。 …

116.この夏3回連続! 畠山さんの授業

8月26日(土)は、梅澤先生を中心に開かれている「価値判断力・意思決定力を育成する社会科授業研究会」で授業をさせていただきました。 この夏、3回連続の「畠山さんの授業」でした。 前回は8月1日でしたので、1か月近くも間が空いてしまうので、子供たちの…

115.「畠山さんと森は海の恋人」そして「あの震災」 その③ 森から流れてくる鉄分

ずいぶん間が空いてしまいました。 ちょっと体調が崩れてしまい、静養していたので・・・。 すみませんでした。 さて、幼少期からの体験とフランスで見たことをもとにして 森に木を植えることにした畠山さん。(この辺りの着眼点の素晴らしさは114に詳しく)…

114.「畠山さんと森は海の恋人」そして「あの震災」 その② 森に木を植える

前回の続きです。 森に目を向け始めた畠山さんは、 森が荒廃していることに気が付きます。 当時は、広葉樹(自然林)を切って、針葉樹(人工林)を植えるということが全国各地で行われていたようですね。 広葉樹は、秋になれば落ち葉となり、それが地面に落…