粕谷昌良の社会科授業日記

筑波大学附属小学校の粕谷昌良が社会科実践を報告します。

282.深い学びを育む3つの資質 その3

次に注目したいのが、新しい指導要領の判断力の記述の中に「選択・判断」という言葉が加えられたことです。 (ちなみに、判断力が指導要領に記述されたのもこれ初めてです。) これまで、指導要領の文言が改訂されるたびに変化してきたが、長年社会科の目標…

281.深い学びが育む3つの資質 その2

②思考力・判断力・表現力 思考力・判断力・表現力は知識とは違い、子どもたちが身についたかどうか見極めるのが難しい資質だと思います。 紙面で行うテストではなかなか図ることが難しいですよね。 しかし、新しい指導要領では、思考力や判断力について、か…

280.卒業式の板書

先日、卒業式がありました。 3年間一緒に過ごした子供達とのお別れの日は、成長の喜びを感じる1日ですし、 6年間の小学校生活を無事に終える素晴らしい日であります。 しかし、同時に、3年間当たり前のように過ごしてきた毎日が、もう繰り返すことがないの…

279.深い学びが目指す3つの資質 その①

前回の続きです。 では、授業改善の視点である「深い学び」が目ざす、3つの資質とはどのようなものか詳しく考えていきましょう。目指すゴールをはっきりさせれば、「深い学び」をどのように授業で実践していけば良いか明らかになっていくと考えれます。ゴー…

278.新しい学習指導要領と社会科の授業改善

平成29年3月に新しい学習指導要領が告示されました。 その中で、授業改善の視点として「主体的、対話的で深い学び」が示されています。 この「主体的・対話的で深い学び」については様々な意見を伺います。 例えば、極端な例を示すのですが、 「子どもた…

277.今日の読書と・・・。

今日も読書を。 「社会的共通資本」宇沢弘文 岩波新書 今日から読み始めたので、全部は読み終わりませんでしたが、 書き出しから惹きつけられます。 「ゆたかな社会とは、すべての人々が、その先天的、後天的資質と能力とを十分に生かし、それぞれの持ってい…

276.今日読んだ本

今日は、社会科授業のお話の題材に乏しく、今日読んだ本のお話を書こうかと。 本当は、毎日社会科のことを書くことで、 私自身にとって毎日の積み重ねになるのでしょうから、 書かなくてはいけないのだと思います。 もう少し、頑張らないといけないですね。 …

275.社会参画学習会

3月9日(土)に社会参画学習会がありました。 この学習会は、 実践の元になる論文を読み、みんなで意見を言う会です。 今回は、2つの論文と、私の実践報告、それから、これから行う森林単元の報告がありました。(森林の単元楽しそう。意外性が素晴らしい…

274.国際協力単元を終えて

国際協力単元最後の授業を終えての意見を。 子供たちへの質問 「あなたは、今、そして将来、国際協力をしたいと思いますか。思いませんか。どちらか選んで判断の理由を教えてください」 いくつか書こうとと思います。 「したいと思う。JICAの人々もマザーハ…

273.地球のうらの友達も その10

第10時間目 ねらい 国際協力について、様々な方法があることを理解するとともに、自分はどのように関わるか判断する。 展開 1 自分がなるならJICAか、それともマザーハウスか考え、意見を述べる。 ・山口さんは成功したけど、自分はうまくできるかわから…

272.地球のうらの友達も その⑨

第9時 ●ねらい 書き直しをお願いした山口さんの考えを知ることで、山口さんの取り組みの意味を考え、国際協力のあり方を再考する。 ●展開 1、どうして山口さんはメディアに取り上げられたのに書き直しをお願いしたのか意見を述べあう。 ・支援ではなくパー…

271.社会参画学習会

3月9日(土)に4回目の「社会参画学習会」を開きます。 内容は ①15:00から 報告者 中谷佳子先生(浦安市立美浜北小学校) 森分先生の「社会認識」「市民的資質」の構造図について 森分孝治「市民的資質育成における社会科教育~合理的意思決定~」(…

270.今日の授業  思い出の授業を一工夫

今日は、3年生の授業で 「残したいもの 伝えたいこと 〜23区に海水浴場を取り戻せ〜」を行いました。 これは、4年前に私が初めてつくばに赴任した年に開発した単元です。 お祭りなどの地域の行事を題材として行う単元ですが、 4年までに、学習指導要領…

269.地球のうらの友達も その⑧

第8時 ねらい ・山口さんの取組と決断から、国際協力について自分の考えを再構成しようとする。 展開 1.学習問題を作る。 ○前時の学習を振り返る。 ・本当に支援が届いているのかバングラディッシュに確かめに行った山口さんの話。 ・挫折のような気持を味…

268.地球のうらの友だちも その⑦

7時間目 1 ねらい ODAの減少を議論する中で、マザーハウスの山口さんの事例を知り、国際貢献から国際協力へと考えが変わりつつある現在の国際社会に変化を追究する手がかりを持つ 2 本時の展開 1.学習問題を作る。 ○前時の学習を振り返る。 ・ODA…

267.地球のうらの友だちも その⑥

第6時間目 ねらい JICA支援の評価とは裏腹に、ODAの額は世界4位に後退し、国民の支援意識も停滞していることから、停滞の原因を考えようとする。 展開 1.前時を振り返る。 ・JICAは途上国の人たちと一緒に活動している。 ・ただお金を渡すので…

266.地球のうらの友だちも その⑤

5時間目 ○ねらい 田中さんと蒲さんの事例を比較したりして、JICA支援の特徴を見つけただし、国際支援で大切なことを考える。 ○展開 1.前時を振り返る。 ・JICSの田中さんはマーシャル諸島で教育に関わっていた。 ・蒲さんはブラジルで支援をして…

265.地球のうらの友だちも その④

4時間目 ねらい JICAでの学習を振り返るとともに、国際支援で大切なことは何か、自分なりの意見を持つことができる。 展開 1.前時を振り返る。 ・JICSの田中さんはマーシャル諸島で教育に関わっていた。 ・青年海外協力隊として2年間。 ・世界の…

264.地球のうらの友達も その④

3時間目 ねらい 「学校にいけない」ことをきっかけに、貧困が進んでいることから、学校にいけるようにするにはどうしたらよいのか話し合い、日本の戦後復興と支援について調べる。 展開 1.前時を振り返る。 ・学校に通えないことが負の連鎖を生んでいる。…

263.「地球のうらの友だちも」 その③

2時間目 (1)ねらい 「どうして学校に通えなくなったの」について、意見を述べあったり、調べたりする中で、学校に通えないことが、負の連鎖を生んで、国の発展や個人の発展を妨げていることを理解する。 (2)展開 1.前時を振り返る。 ・学校に通えな…

262.「地球のうらの友だちも」その②

1時間目の授業 ねらい スモーキーマウンテンの現実から、国際協力について調べる課題を持つ。 展開 1.世界の子どもたちの写真を比べる。 〇学校は好きですか? ・好き。友達に会えるから。 ・掃除が面倒だな。 ○どこの国の子ども達ですか? ・アメリカ、…

261.「地球のうらの友だちも」その①

教材についてはずいぶん書いてきたので、 「国際貢献から国際協力へ、与えるものから自分の生きがいに」~JICAのストーリーと、マザーハウスのアナザーストーリー~ の授業の実際を書き進めていこうと思います。 〇単元の目標 ・世界には様々な課題があ…

260.JICAとマザーハウス

今回は、JICAのストーリーとマザーハウスのアナザーストーリーから国際社会の課題と私たちの生活のつながりを多角的に考えていくことにしました。 まずは、JICAのストーリーを学びます。 JICA(国際協力機構)は、これまで、無償資金協力は外務…

259.公開(256)の続きを・・・。

社会事象の認識には 客観・実感・共感 が必要ではないかと述べました。 では、6年生の国際単元で授業をする場合はどうでしょうか。 子供達は国際単元を学習すると、当然、 ・日本の国際貢献は、世界の課題の解決に役立っている。国際貢献は大切。 という認…

258.社会参画学習会

主体的に社会に関わる児童の育成を心がける、 「社会参画学習会」を開いています。 これまで、3回ほど開いてきました。 内容は、 ①論文を読む。 ②授業実践の報告と検討 などです。 授業実践の元になる考えを得ようとする学習会です。 千葉県の長期研修生だ…

257.第15回 小学校社会科授業づくり研究会 2019・7・21(日)

同じ学校の先輩である由井薗先生と立ち上げた「小学校社会科授業づくり研究会」。 3年前に結成して、会員の先生方と研究会を開いてきました。 残念ながら、今年度は冬の大会がなかったので、少し寂しい感じでした。 そこで、気が早いのですが、来年度の夏の…

256.学習公開・初等教育研修会

2月8日(金)9(土)と筑波大学附属小学校で学習公開・初等教育研修会が行われました。 参観していただいた皆さまに感謝申し上げます。 私は、8日は社会科部の提案授業をさせていただきました。また、その部会の責任者を務めさせていただきました。 社会科部…

255.いろいろな人から

今日は、頭から火を噴くほど考えて、考えて、そして納得することができない。 才能乏しいのは百の承知ですが、それでも何とかしたいという気持ちが勝るときがあります。 ここにきて、お世話になっている先生方から応援のメッセージもいただき、ありがたいこ…

254.最後の授業へ向けて

今、6年生の担任をしています。 4年生の時から、同じメンバーで学習に取り組んできました。 あと、わずかで卒業かと思うととてもさみしい気持ちになります。 私は社会科が好きですので、教室の仲間たちに、 私にできる限りの社会科授業をと取り組んできまし…

253.取材で出会ったすごい人 5年生編 その③ 田中正造

田中正造の授業は運命に導かれたように出来上がった授業でした。 授業自体は、2018年の1月から2月にかけて行ったのですが、 きっかけは2017年の7月にまでさかのぼります。 7月に交通事故にあった私は、保険会社の方の訪問を受けました。 私より年上の紳士で…