読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

粕谷昌良の社会科授業日記

筑波大学附属小学校の粕谷昌良が社会科実践を報告します。

55.「後藤新平が曲げてでも貫いたもの」その⑩   運命の12月19日

 

ずいぶん長い間お休みをしていて申し訳ございませんでした。

後藤新平が曲げてでも貫いたもの」も佳境に入ります。

前回(51)で、政友会など後藤の「復興」とは考え方が違い、「復旧」にとどめることを主張し、後藤の予算案を削っていきました。そこで、どうして後藤新平がどうして100年後を見据えたのかを勉強しました。後藤の年表や当時の市民に流行した歌から、後藤の考えに迫っていきました。

そして、今回はいよいよ、復興計画が修正に修正を重ね、予算案が決定する12月19日の場面です。これまでに30億円超の計画を5億まで減らされています。

しかも、この土壇場の12月19日の予算委員会で、政友会が求めてきたものは

①さらに、1億600万円の削減

②復興委員の事務費を全額削除

というものでした。

これは、後藤新平の復興委員をつぶす計画で、

政敵である後藤を政界から追放しようという意図がみられます。

これを、子供たちに資料で配ります。

裏にして配くばり、一斉に表を開けさせて読ませます

すると、「えー。」「ひどい!」の声が教室に響きます。

 

配布資料

政友会の修正案 1923年12月19日
新平が心血を注いだ復興計画は、3度の復興審議会と帝国議会の開催で、4億4800万円まで削減されていた。
 そして、運命の衆議院予算委員会が12月19日に開かれた。そこで、後藤達を待ち受けていたのは、政友会の大修正だった。さらに1億600万円の削減を求めてきたのだ。4億4800万円まで減らされた予算から、さらに1億600万円の削減。この削減は政府にとって、致命傷になりかねない。
それに加えてか、政友会は後藤の復興院の事務費の全額削除を求めてきたのだった。
政敵である後藤を政界から追放するつもりらしい。

 

子供たちに感想を言わせると

・政友会は復興しようとかではなくて、後藤と政治の争いをしている。

・市民のことがおいていかれている気がする。

・話の中心がずれている。

・後藤に同情する。

という意見でした。政治とは何か・・・。子供たちはそんなことを考えていました。

さて、この政友会の案を飲むのかどうか。

子供たちは「反対すべき!」の意見が多いようです。

教室は盛り上がっています。

そこで、2枚目の資料を配り、今度は私がじっくり読みます。

資料は、後藤が復興のために呼び寄せた、米国のまちづくりの権威

ビアード博士の書簡です。

 

資料

しかし、後藤ら山本内閣には、総辞職・総選挙という抵抗の道が残されていた。新平の周りには部下が集まり、戦うべきと声を上げたという。その熱気はすさまじいものだった。
部下以外にも、後藤に戦うように意見を述べた人物がいる。アメリカのビアード博士である。


「親愛なる友よ。
 世界の目は日本の上にある。
 死せる10万の男女小児の声々は叫ぶ。
 その価値、50億の財宝は焦土となって横たわっている。
 世界の目はみな、後藤の上にある。
 死者の声も響き渡る。
 それはどうしてか。
 この危機に臨んで、後藤に復興を期待したからである。
 もし、災害の再発を阻止する計画を死守しなければ、期待に背いたというべきである。
 それは、日本の失敗である。失敗すれば、10年ないし50年後の危機に、さらに広範囲の大災害を誘発することになるだろう。
 今、あなたに向かって呼びかけるのは、日本である。現在と将来の日本である。
 かつてロンドンで大火があった。すべての歴史家は1666年にロンドンを復興したサー・クリストファー・レンの名前を知っているが、その計画を妨害した偏狭小心の国会議員をだれが覚えていようか。
 将来の災害に対して人命財産を防衛するに足らない小計画を立てるは愚挙である。

 しかし、本当の政治家を選ぶ市民の数が足りない。政治的な名誉を求めるものもいる。
それを乗り越えて、数日のうちにあなたは決断して、数百万の民衆の運命を決めるべきだ。

 私は、このように考える。さらばわが親愛なる友よ。今日を目標として建設することなかれ。ねがわくば、永遠を目標にして 東京を建設されよ。」

 誠実かつ忠実なる
チャールズ・A・ビアード

 彼がいかに心を込めて書いたかは、その文字の気迫をもって知ることができる。後藤の要請で日本に来て以来、深く日本を愛した彼は、この千載一遇の時に当たり、その心の友後藤新平が復興に当たりながら、好機を逃して、災いを100年後に残そうとするのをみて、耐えられなかったのだ。

この手紙を見た中小路は、「外国人ですらそういうんだからなあ!」そう言って泣いた。
中村是公は、ぼろぼろ、ぼろぼろととめどなく涙を流した。そして、後藤に戦うべきだと怒鳴るのだった。

 

子供たちは、ビアードや側近などの心情を察し、「戦うべき」という声を挙げました。

具体的な場面を取り上げて、後藤の貫いたものを考える展開。

具体ゆえに、身近に感じて誰もが考えていました。

次回、後藤はどうすべきなのか考える予告をして授業を閉じました。

 

子どもの感想

・僕だったら戦う。なぜなら、勝てるチャンスがあるからだ。無理だっからあきらめるけどまだ大丈夫だ。後藤は都民から信頼されているし、都民は自分たちの安全を願っている。だから、チャンスはあるのだから、それを捨てはしないと思う。また、自分のプライドもある。負けてもいいからやるべきだ。
・私なら戦う。このまま政友会の言いなりになりたくないし、新平の復興計画を執行しなければ、またたくさんの犠牲が出てしまう。ビアード博士の期待にも、部下の期待にも応えなければならないと思う。それに戦わないと後悔すると思う。
・台湾と満州のまちづくりをしてきた経験をいかしたいし、医者として衛生面の大切さも知っているから、自分のやっていることが正しいことだと分かっている。日本はまた同じような地震が起きるから、未来のことを考えたまちづくりを絶対にした方がよい。
・僕が新平なら解散して戦います。なぜなら金額の話とは別に、復興を強く願う東京市民の気持ちに新平がまず答えるべきだと思います。今は、新平は市民から信頼を得られているが、ここで戦わなければ、心が一気に離れてしまうと思う。市民の声を味方につけることが大切だと思う。

 

 

f:id:syakaikajugyou:20170228135505j:plain