粕谷昌良の社会科授業日記

筑波大学附属小学校の粕谷昌良が社会科実践を報告します。

98. 10回目の「しゃかつく研」

7月29日(土)に開かれる、「第10回 小学校社会科授業づくり研究会」。

同じ学校の由井薗先生と会を作ってから2年が経とうとしています。

その間に、ずいぶん仲間も増えて、本も出版することができました。

昨年度の夏の大会では150名を超える先生方にご参加いただきました。

改めて感謝申し上げます。

ここまで、会は順調に成長して来たと思います。

そして、今年の夏は「10回目の節目」を迎えます。

 

記念の10回目の「しゃかつく研」は 

講師に文部科学省視学官の澤井陽介先生をお迎えすることになりました。

澤井先生は、最近解説も公開された「新しい指導要領」を作った方と言って差し支えないと思います。

 

そんな澤井先生が私の授業をどう見るのか?

期待と不安が入り混じります。

せっかくだからいい授業をしたいと思います。

 

教材は「畠山さんと森は海の恋人」です。

「森にはためく大漁旗」として、多くの教科書に掲載されている有名な活動ですね。

私が、畠山重篤さんと畠山信さんに初めてお会いしてから3年が経過しようとしています。毎年の取材活動をへて、いよいよ授業をすることにします。

私としては渾身の教材です。(いつも、時間をかけて、可能な限り調べてはいますが、今回はメガトン級の時間)

私は、畠山さんの活動は震災後にさらに学ぶべき価値を増やしたと考えています。

それを授業で示し、「今、改めて森は海の恋人の価値を問い直したい」と思います。

 

対する由井薗先生は、18番で、出世作の「水俣病」です。

由井薗実践として、真っ先に思つく授業ではないでしょうか。

私の授業に対抗する(?)ように、18番を持ってきた!

 

お互い譲ることのできない授業を公開します。

 

「第10回しゃかつく研」は、

10回も開いたという喜びと

それ以上の緊迫感のなかで開催します。(おしまい)

 

☆私の授業「森は海の恋人」は7月29日の続きを、8月1日(火)に筑波大学附属小学校社会科部4人で開いている、「第18回 初等社会科授業研究会」において、続きを公開します。続きですので、実際の授業がどのように展開していくのか、その様子がよくわかると思います。

そちらも、追ってご案内します。

 

 

参加ご希望の先生は・・・①②のどちらかでお申し込みください。

①  shakatsukuken☆yahoo.co.jp の☆を@に変えてメールにて申し込みください。

☆資料の用意をする都合で、前日でまでにお申し込みいただけると助かります。

(当日受付も可)

表題「第7回 社会科授業づくり研究会」申し込み

本文 1.お名前 2.所属(学校名等) 3.電話番号 4.住所 

 

②  裏面の用紙をお使いになり、ファックスで申し込みください。

ホームページ  http://17.plala.or.jp/m-kasuya/

       「小学校社会科授業づくり研究会」で検索

〒112‐0012  東京都文京区大塚3-29-1  筑波大学附属小学校 社会科研究室内TEL 03-3946‐1894

 

f:id:syakaikajugyou:20170706121753j:plain