粕谷昌良の社会科授業日記

筑波大学附属小学校の粕谷昌良が社会科実践を報告します。

212.第14回 小学校社会科授業づくり研究会

明後日、7月21日(土)は

14回目の小学校社会科授業づくり研究会です。

 

会を作ってから3年目になります。

毎年夏と冬に授業実践を行い、その間に1回ずつ学習会を開いてきました。

 

明後日の14回大会は、「新学習指導要領 授業はこう創る!」

という大会テーマで行います。

講師は、昨年の夏に引き続き、澤井陽介先生をお迎えします。

 

日程は以下のようになっています。

 

日時     2018年 7月21日(土) 9:30~16:30
会場     筑波大学附属小学校 (東京都文京区大塚3-29-1)
9:00~ 受付


9:30~ 由井薗健 公開授業3年 


10:30~ 粕谷昌良 公開授業6年

 
12:30~ 授業検討会 司会:会員 コメント:澤井陽介先生  由井薗・粕谷 

          
13:45~ しゃかつく大賞 ~子供の追究力を高める教材&発問コンテスト~


① 粕谷昌良(第1回第2回優勝 筑波大学附属小学校
② 石井俊道(千葉県館山立北条小学校)
③ 嵐 元秀(東京都練馬区立仲町小学校)
④ 宮田諭志(東京学芸大学附属竹早小学校
⑤ 中谷佳子(千葉県浦安市立美浜北小学校)


15:30~ 澤井陽介先生 ご講演 

16:30  閉会    (17:00~ 懇親会)

 

授業は、由井薗先生と私が行います。

由井薗先生は、3年生の東京都の牧場の授業を行う予定です。

東京都の牧場の授業は大先輩の有田先生が行った教材として大変有名です。

さすが有田先生という目の付け所ですね。

それを現代風にするのでしょうか?楽しみです。

 

私は6年生で、ふるさと納税の授業を行います。

税などの政治の授業では子供たちの主体的な学びを形成するのは難しいように思います。また、政治の「仕組み」を教える授業になりがちで、政治(今回は税)の意味や市民としての関わり方を考える授業はなかなかないように思います。

ふるさと納税の授業で、教えるだけでなく、意味や関わり方、

大げさに言ってしまえば社会に参画することにつながる授業を求めていきたいと思います。

チャレンジいたしますのでよろしくお願いいたします。

 

また、午後からのしゃかつくコンテストでは、会員の先生方と

子どもの追究力を高める、発問と教材のコンテストを行います。

これまで2回行ってきました。

私は運よく、皆様の投票を得ることができました。

今回も、皆様にとって提案になるような報告をしたいと思います。

 

最後は、澤井先生のお話です。

この日一日を振り返りながら、新しい指導要領と社会科についてお話してくださると思います。楽しみです。

 

盛りだくさんの一日です。

よろしかったら、ご参加くださいますようお願い申し上げます。

 

お申し込み方法

 shakatsukuken☆yahoo.co.jp の☆を@に変えてメールにて申し込みください。
表題「第14回 社会科授業づくり研究会」申し込み
本文 1.お名前 2.所属(学校名等) 3.電話番号 4.住所

 

を記入していただきお申し込みください。