粕谷昌良の社会科授業日記

筑波大学附属小学校の粕谷昌良が社会科実践を報告します。

265.地球のうらの友だちも その④

4時間目

 

ねらい

  JICAでの学習を振り返るとともに、国際支援で大切なことは何か、自分なりの意見を持つことができる。

 

展開

1.前時を振り返る。

・JICSの田中さんはマーシャル諸島で教育に関わっていた。

青年海外協力隊として2年間。

・世界の事象を知ってもらう活動をしていた。

国際支援を行うにあたって最も大切なことは何?

 

 

 

2.JICS見学と田中さんの話をもとに考えを述べ合う。

〇隣の人と意見を述べあう。

〇全体で意見を述べる。

・行く前は専門家が行くものだと思っていたけど、田中さんの話を聞いていると誰でも貢献できると感じた。

フェアトレード商品を買うことなら現地に行かなくてもできる。

・「幸せ」はその国々で違う。日本の押しつけはダメ。

・現地の人たちと信頼関係をきづくことが難しい。

・支援は面倒とかではなく、当たり前という気持ちになれるか。

・学校などは建物を作るだけでなく、先生など人の支援も大切。

・「人の支援」と「お金の支援」両方が大切。

 

3.もう一人。蒲さんの話も聞く。

○ブラジルに支援に行った蒲さんのインタビュー記事を読む。

・最初は関心がなかったんだ。。

・最終的には、現地の人から慕われているね。

2人の事例から、国際支援で大切なことはなんだろうか?

〇もう一人の事例から共通することを見つけ、JICA支援の特徴に気づいていく。

 

資料

2019年1月31日

JICA ちきゅう広場

田中さん

 

〇JICAとは。

 ODA(政府開発援助)を実際に行う機関です。費用は皆さんの税金が使われています。

 ①資金協力②専門家の派遣③研修生受け入れ④災害にあった人への援助の4つの仕事をしています。

 青年海外協力隊は②に当たる事業です。7か月間の訓練の後、2年間現地で国際協力をします。私も青年海外協力隊として、マーシャル諸島で子供ども達を教えていました。

 JICAでは、「信頼は世界をつなぐ」を合言葉に、平和的な国際社会に貢献しようとしています。

 

マーシャル諸島での活動

 マーシャル諸島は、たくさんの小さな島々が集まった太平洋に浮かぶ国です。人口は5万人余りの小さな国で、首都にもスーパーは2つしかなく、そこには輸入品が多くて高価なため、現地の人々は個人の商店で買い物をすることが多いです。主食は「米」ですが、米は日本をはじめとするアジアからの輸入です。しかし、人々は「サッポロ一番」のラーメンが好きで、袋に直接お湯を入れて食べます。なべで煮るのだと教えても変わりませんでした。

 マーシャル諸島は、太平洋戦争の時に、日本が占領して植民地にしていました。ですから、「モモタロウ」「キンタロウ」という名前の人もいます。国民の30%くらいの人に、日本人の血が入っていると言われています。

 私は2つの中学校で算数を教えていました。200人から300人くらいでしょか。学校に行ける人は良い方で、「1日100円も給食が買えない」「草履や制服が買えない」という理由で学校に通えない子どももいます。学校の先生も授業をどうやるのかわからないのです。例えば、9+9は日本では、9を1と8に分けて、10にして…と計算する方法を教えるので、計算が速くなります。しかし、マーシャルでは、手足の指を使って計算することを教えるので、計算が速くなりません。どうしてそんな教え方をするかというと、教える先生が子供の頃そうやって習ったからです。そして、それを子どもたちに教えるので、変わらないのです。教育の力って大きいですよね。

 しかし、私が「そんな教え方ダメだよ」といっても、それはそれで難しいのです。間違いを正して、その先生の気持ちを損なったらうまくいかないのです。あなたも、急に外国から来たもっと若い人に「駄目だ」と言われたらどんな気分になりますか?時間をかけて親しくなって、その人の話を聞きたいなという気持ちになってもらうことが大切なのです。

 国際協力で大切だと思うことは2つです。一つは、知ること・興味を持つことです。いま世界で起こている出来事を知らなければ、何かをしようとかしなくてはという気持ちが起きないと思います。ですから、知ること・興味を持つことが大切なのです。 

 2つ目は、相手の立場に立って考えることです。さっきの先生の教え方のこともそうです。一人一人幸せだと感じることは違います。自分の価値観を押し付けるのではなく、その人たちの幸せを大切にして一緒に考えていくことが重要です。私は、カンボジアに行ったとき、最初は貧しい国だろうと思っていきましたが、その中でもたくましく生きる人々を見て、幸せって何だろうと思いました。その人たちの考える幸せを否定してはうまくいきません。信頼関係を作って、どうやって日本のやり方を伝えたらいいのか考えながら行うことが大切です。

 国際協力は、もし、道路や水道といったインフラが整備されていなければ、それを作ることも大切だと思います。その後は、いろいろな方法があると思いますが、私は教育によって変えていけると考えています。

 

私の振り返り

 

JICS見学、インタビューのまとめ。JICAでは、児童向けの展示があります。

また、マーシャル諸島青年海外協力隊として2年間活躍した田中さんのお話を伺いました。

また、帰りには、カフェで販売されているフェアートレード商品の購入を行いました。

それをまとめることで、JICA支援の特徴に気づいていく時間です。

さらに、私がインタビューしてきた、蒲さんのインタビューとも比べることで、JICSの特徴や果たす役割をより深く自分たちで気づいていけるという工夫です。

一人のインタビューでは特徴には気づきづらいと思いますが、2人になれば比べることができますので共通点を見つけやすいですよね。

新しい学習指導要領のも比較・分類・総合と出てきますね。

 

児童の感想の要点

・現地の人たちを主体として考えることが大切。

・知恵だけでなく人間性も大切。国際支援は相当大変。

・持続可能な支援をすることが大切。お金は途上国の人が使いやすいものに使う。

・お金と教育と両方が大切。お金がないと無理。教育をやらないと後の世代が悪循環になる。

・なんだかんだ言って外国が困っていると知っている人は少ないのだろう。

・プランを立てられる教育をすべき。悪循環を断ち切ることができる。

・活動した場所で感謝されている。大切な存在になった。

・①相手の立場に立って考える。②同じ人間として付き合う気持ち。「助けてあげる」では本当の支援ではない。

・その国が自立していけるプラン作り。いつまでも支援はできない。日本の戦後のGHQのように。

・現地の人たちが主体とならないといけない。みんなに現状を知ってもらう必要がある。

・相手に技術などを教え、逆に相手からも学ぶ。信頼関係。教え合う。

・蒲さんも田中さんも支援しようとする気持ちがすごい。

・その国を一番にして寄り添い、助けようとする気持ち。

・国際協力に興味がなかったのに、興味が出てきたという共通点がある。

・現地に行ってその土地の人と触れ合い、その輪に溶け込む。技術や教育の方がよい。

・現地の人たちが主体となる。自立してもらう。

・厳しい状況から自分たちの力で立ち上がろうとすることで、その先の発展がある。

・戦後の恩を返すという気持ち。法律を変える。一人の児童に寄り添う資金提供。

・その国の人に教育の重要性を理解してもらう必要がある。また、水道などの整備も大切。

・その国が自立したいという気持ちを持ってそれを軽く手伝うという形で支援する。途上国が主体となるようにする。

・教育に貢献するという共通点。興味がなかった人。興味があった人、いろいろ。

・現地の人が主体という考えは、信頼で世界を変えるという考えと似ていると思う。その中でも楽しく生きる人々を見て貢献しようと思ったのでは。

・①行ってよかったと言えること②相手を優先。③平和の大切さを伝える④自分も学んだ。というポイント

・技術協力・無償金協力・円借款の3つを組み合わせ、自立を図ることが大切。

・継続していくことが大切。自分たちで生きる力をつけていく。

・自分の成長のためになっていると言っていた。人のつながりって大切だ。だた教えるのではない。すべてをやってはいけない。それは、相手のためだ。

・自立した支援。やってもらって当たり前ではなく、自分の考えで。その計画に必要な物資を。

・日本のやりたいようにやるのではない。他の人の気持ちを考えるという大切さ。

・校舎の建設がよいと思っていたけど、教育の方法を教えることも大切だと思った。フェアトレードや募金など自分にできることもある。

・お金もやり方も両方大切だと思う。蒲さんも田中さんも支援のつもりで行ったが、自分も楽しかったと言っていた。やはり自分も楽しくないと支援できないのではないか。

・現地の人が主体になる方がよい。JICAは協力しその子がその後を受け継ぐ。

・共通していることが二つあった。一つ目は、教育を大切にしている。二つ目はコミュニケーションだ。仲良くすることでスムーズに活動で来ている。

・言葉ではなく、リアルな話をきけた。相手の立場を知り、相手の立場に立った支援が必要。その国が自立していけるようにすることが大切。

 

f:id:syakaikajugyou:20190216210556p:plain

 

徒然

・久しぶりに、ホームコースの本栖みち。ベストより3分以上も遅い。低迷甚だしい。焦りを感じる。そんな私の気持ちに関係なく、富士山は美しかった。

f:id:syakaikajugyou:20190216211051j:plain