粕谷昌良の社会科授業日記

筑波大学附属小学校の粕谷昌良が社会科実践を報告します。

277.今日の読書と・・・。

今日も読書を。

「社会的共通資本」宇沢弘文 岩波新書

 

今日から読み始めたので、全部は読み終わりませんでしたが、

書き出しから惹きつけられます。

 

「ゆたかな社会とは、すべての人々が、その先天的、後天的資質と能力とを十分に生かし、それぞれの持っている夢とアスピレーションが最大限実現できるような仕事にたずさわり、その私的、社会的貢献に相応しい所得を得て、幸福で、安定的な家庭を営み、できるだけ多様な社会的接触を持ち、文化的水準の高い一生を送ることができるような社会である。このような社会は、次の豊かな基本的諸条件を満たしていなければならない。

⑴美しい、豊かな自然環境が安定的、持続的に維持されている。

⑵快適で、清潔な生活を営むことができるよう住居と生活的、文化的環境が用意されている。

⑶すべての子どもたちが、それぞれの持っている多様な資質と能力をできるだけ伸ばし、発展させ、調和のとれた社会的人間として成長しうる学校教育制度が用意されている。

⑷疾病、傷害に際して、その時に置ける最高水準の医療サービスを受けることができる。

⑸様々な希少資源が、以上の目的を達成するために最も効率的、かつ衡平に配分されるような経済的、社会的制度が整備されていること」

 

社会科を意識したわけではなく、新聞の書評を見て以前買ったものです。

机に積んである未読本のところから持ってきて読み始めました。

 

期せずして社会科だなあ。

社会科授業では、こういうことを大切にしていき、こういうことを学べる教材の取材を重ねていけたらと思いました。さて、読み進めるのが楽しみな感じ。

また書こうと思います。

 

・・・・・・・・

 

それから、今日はあまりに幸福な一日で、

いただいたものを壁の一番大事なところに飾って、

それから別のいただいたものを何度も読み返してしまいました。

ありがたいことです。本当にありがたい。感謝申し上げます。

あと1週間になってしまったかと思うと辛くなってしまいます。

最後まで、一緒に走り抜けたいです。

 

徒然

初めて自分の乗っている電車が人身事故に。すごく驚きました。好奇心の強い方ですが、それよりも恐怖が優ってしまいました。

 

↓取材の思い出。

年の瀬、後藤新平記念館へ。水沢市東北本線を雪の中。自分の考えを学芸員さんに話してみる。貴重な資料もいただく。

教材前進した大切な1日。寒くも満たされた良い思い出。

f:id:syakaikajugyou:20190313210555j:plain

↓ANOVAで真空調理したあとオリーブオイルで炒める。意識高い系の食事❓(笑)

それにしても食べ過ぎだな。食欲旺盛すぎる。怖いくらいです。

f:id:syakaikajugyou:20190313210711j:plain