粕谷昌良の社会科授業日記

筑波大学附属小学校の粕谷昌良が社会科実践を報告します。

282.深い学びを育む3つの資質 その3

次に注目したいのが、新しい指導要領の判断力の記述の中に「選択・判断」という言葉が加えられたことです。

(ちなみに、判断力が指導要領に記述されたのもこれ初めてです。)

 

 これまで、指導要領の文言が改訂されるたびに変化してきたが、長年社会科の目標を端的に述べると「社会認識を通して、公民的資質の基礎を育成する」とされてきました。

前段の社会認識は「知識」と密接に関係していて、社会事象への知識を子どもたちに身に付けさせることだなあと誰もが想像しやすいのではないでしょうか。

 

その反面、後半の「公民的資質」となると「社会に出て役立つ力のことなのか?」などと、なんのことだか想像しにくいのではないでしょうか。

 

しかし、今回の新しい学習指導要領ではその手掛かりが明確になったのではないかと考えています。

それは、判断力の記述にあるように

「社会に見られる課題を把握して、その解決に向けて社会への関わり方を選択・判断する力」

が一つの答えだと思えるからです。

 

 今ある社会の課題を把握して学び、その成果を生かして、

将来に向けてどのようにしたらよいのか考えていくことが、

公民的資質の基礎ではないでしょうか。

知識を持っているだけでなく、いかに実際の社会に生かしていくか。

そのために、子どもたち一人一人が知識を生かして判断することができるのかを授業の中で行っていく必要があると考えられます。

 

ですから、深い学びを実現するためには、

授業において、

子どもたち一人一人が、どうしたらよいのか「選択・判断」する場面が必要になるのではないでしょうか。

深い学びの実現 その②

子どもたちひとりひとりに、選択・判断する場面のある授業

 

 続く

 

徒然

・1年生の担任になりました。小学校生活を楽しみにしていたことがよくわかる子供達。みんな一生懸命生活しています。彼らの期待に応えれれるように、決意を新たにしました。社会科はないけど、それにつながる生活科。楽しみだなあ。

f:id:syakaikajugyou:20190409190325j:plain

 

自分で作ったステーキ。必殺のANOVAで調理。誰でもプロの美味しさ❓

f:id:syakaikajugyou:20190409190450j:plain